とある計画現段階と長老魚の1匹

とある計画の進行度・・・今自分にできるのはひたすら「待つこと」です(笑)

オーナーさんから断耳終了の連絡が来ました。

2012_0418_114709-P1070990.jpg

何回見てもかわいいです(親バカ)、それが

ジャジャーン

2012_0527_134000-P1000556 (1)

はい、この様に変わりました、
すっかりドーベルマンらしくなりましたよね?断耳はドーベルマンを飼う方の好みによると思いますが自分は耳切る派です、やはり筋肉質体系にはこの顔がよく似合います

断耳前は、まさに足の長いダックスフンドですかね(笑)断耳前にに会えなかったのは残念ですが今の姿をみて、ますます会いたい気持ちが募ります。

名前は既に決まっていますが我が家に来てから発表します、

今度の休みは大忙し!!小屋?を作ります完成したらまたブログにアップします。

今日はもう1匹メンバー紹介します

DSCF0006.jpg

パロットファイアーです、

DSCF0986.jpg

現在の姿、色がその日によってよく変わります、2003年我が家に来ました、はいこの魚、実はもう9歳になります、
シクリッドはどのくらい寿命があるのですかね?我が家の長老の1人です(笑)

DSCF1030.jpg

混泳の中でも紅一点?
とにかく、ダトが気に入らなくダトに突進していきます(笑)

これからも元気に長生きしてほしいです。

にほんブログ村 犬ブログ ドーベルマンへ
にほんブログ村

にほんブログ村 観賞魚ブログ アロワナへ
にほんブログ村
スポンサーサイト
とある計画 | コメント:(4) | トラックバック:(1) | 2012/05/30 19:59

飼育中の事故、怪我   その1

少ない休みを、とある計画実行のための準備でブログの更新も久しぶりになってしまいました。

今日は今までの飼育中に起きた事故をご紹介したいと思います、この画像を見てください。

DSCF0370.jpg

これはどうしたかと言うとセルフィンプレコになめられました。

しかしこの2匹はずっと一緒に飼っていてある日突然こんな姿にされました、ただ厳密にいうとそれまで何回かエイの背中に白く細い筋がついていることがありました、あとから思えばそれが前兆だったのだと思います、このエイは次の日☆になりました。

コケ取りにプレコと安易な考えから来た事故です、プレコの中にはその個体によりとても狂暴なのがいます、この犯人のプレコは後に中層にいるガーの体表もなめに行った極悪プレコでした。

この画像を見た方はプレコと底ものの魚の混泳は十分注意してくださいね。

今日のおまけ画像
FUUさんの特技!
DSCF0958.jpg

にほんブログ村 観賞魚ブログへ
にほんブログ村

飼育中の事故 | コメント:(4) | トラックバック:(1) | 2012/05/24 21:29

淡水エイ ポルカドットスティングレー&とある計画番外編

水槽にいるメンバーを紹介しますポルカドットスティングレーメスです。

画像 005

20cmで我が家に来ました、この子は人工飼料を食べず人工飼料に慣らすのにかなり時間がかかりました。

DSCF0995.jpg

現在の姿、画像ではわかりにくいと思いますが胎盤長50cm位あります2006年購入です、水槽移動の時にタモで掬いましたがタモからはみ出る大きさで、さらにすごく重いタモの枝が曲がってしまいました。

ポルカドットスティングレーオスです。

128061820_3[1]

一見するとダイヤモンドポルカに見えますが違います。

DSCF0993.jpg

現在胎盤長40cm弱でしょうか、3年目になりクラスパーもいい具合に大きくなり今年こそは繁殖できたらいいなぁ

現在はオスがかなりしつこく、胎盤や尻鰭、排水口までかじりまっくてメスが痛々しいです、これをクリアしないと繁殖行動に持っていけないし飼い主としては痛しかゆし?

1時期はブラジルよりの輸入がストップして値段もかなり上がりましたが現在は輸入も再開してかなり安くなりましたね、高い時期に買ったので値段もう少し安定してほしいです。

淡水エイは水槽内でもよく動き見てても楽しいですよ、柄や色など種類がたくさんいますが自分は黒系が好きです。

さて話は変わりますが昔
だんご3兄弟
という歌がはやったの覚えてますか?

串にささってだんごだんご~♪
3っつそろってだんごだんご~♪
醤油塗られてだんごだんご~♪
だんご3兄弟~だんご~♪

でで~ん
2012_0430_110000-P1000493.jpg

オーナーさん画像有難うございました。

この画像を見て大笑いして
「だんご3兄弟じゃん」
と思わずさけんだFUURIN-KAZANでした。

にほんブログ村 観賞魚ブログ アロワナへ
にほんブログ村
にほんブログ村 犬ブログ ドーベルマンへ
にほんブログ村

淡水エイ | コメント:(2) | トラックバック:(1) | 2012/05/16 22:08

とある計画 mission2 我が家に来る子を探せ!

とある計画、いよいよ現実になってきましたそこで我が家に来る子を探さなくてはいけません、どこで探す?ペットショップにに相談?ブリーダーを探す?ネットで探す?いろいろあると思いますが自分の場合には後のことを考えて色々相談が出来る人がいる所を考えました。

とはいってもあちこちアポとったわけではありません、mission1でお世話になったブリーダーさんの所は子犬はいたのですが完売状態でした、実はもう一軒だけアポを取ったところがありました。

その方の所は、とある計画のプランが浮かんですぐに電話をしました、ちょうど子犬が産まれたばかりでオーナー募集の記事をネットで見つけたのがきっかけでした。
その時にはドーベルマンの飼い方やどういう性格か、など基本的な話を丁寧に教えてもらい
「何かあればまた電話ください」
と言っていただきその日はそれだけで終わっていました、その後それっきりにってしまっていました、踏み切れない大きな理由には距離が遠く、何かの時にすぐには行けないのではないかということが引っ掛かり譲ってもらう話が出来ませんでした。

それから約2か月がたち、まだ子犬が残っているらしいので(ネットではそれから何回も見ていました)思い切ってもう一度電話をしました、
その方は自分のことを覚えていてくださり、また長い話に付き合ってくださいました、そして話をしていくうちに
「この方の所でお世話してもらおう}
という気持ちになり決めました。

2012_0424_124859-P1080034.jpg

オーナーさんが画像を送ってくれました、この子が我が家に来ることに決まりました。

2012_0508_204700-P1000509.jpg

チョコタンの女の子です、引き取りは断耳してもらった後になるのでもうしばらく会えません。

今になって考えてみるとドーベルマンに興味を持って一番初めに見つけたこの子犬、それから今まで残っていてくれたので、またしてもの言葉が頭をよぎります。
相談もメールや電話でも出来るし、たまにはお里帰りさせてあげられるかな?と思っています。

FUURIN-KAZANの独自な考えですが、今回子犬を決めるにあたって血統も重要なのかもしれませんがそれ以上にオーナーさんの人柄が重要だと思いました、これから子犬を探す人探している人はオーナーさんペットショップから飼い方しつけの仕方など実際に話をしてみて信頼できると思った人、ショップからの購入をオススメします。

にほんブログ村 犬ブログ ドーベルマンへ
にほんブログ村
とある計画 | コメント:(7) | トラックバック:(0) | 2012/05/13 20:56

GWのある一日+おまけ

あっという間にGW終わってしまいましたね(T・T)、諏訪原城跡へ行きました。

DSCF1098.jpg

詳しい内容は看板を見てね

DSCF1099.jpg

DSCF1091.jpg

DSCF1094.jpg

入口から本丸までの道のり、間には茶畑や畑などあります、カンカン井戸と呼ばれるものもありました。

DSCF1097.jpg

城跡から島田、金谷市内を一望!夜なら夜景も綺麗そうです

DSCF1093.jpg

空堀の後、至る所に見ることができます、山城ながらかなりの要塞のようであったと思われます
城跡巡りの好きな方にはおすすめスポットです、普通に歩いて15分くらいだと思います
中には諏訪神社もあります(安産祈願?のよなことが書かれておりました)

おまけ
この人達がTVの生放送で近くの学校に来てました
DSCF1101.jpg
ピンボケです・・・
DSCF1102.jpg

これが誰かって?そう、我が言わせねーよ

にほんブログ村 歴史ブログ 戦国時代へ
にほんブログ村
風林火山 | コメント:(2) | トラックバック:(0) | 2012/05/07 19:28

以前の飼育魚

以前の飼育魚を紹介したいと思います

bintan.jpg

ビンタンカルバ産、1999年輸入のオスです、この子は2005年に我が家に来ました。
近くにある行きつけの熱帯魚店の看板魚でしたが、店主に「買ってくれないか」と言われ飼いました、その後すぐその店はつぶれてしまいました(涙)

この個体は家で一番赤くなる素質を持っていたと思います、写真でもわかる様に鱗底が緑色をしていますこれが黒くなる飼い方をすればもっと真っ赤に・・・・・
残念ながらできませんでした。

DSCF0346.jpg

以前の混泳の風景です、混泳させてすぐ他の個体にやられて背びれ尻びれほとんど無くなってしまいました、ヒレが再生するのにすごく時間がかかり1999年輸入が疑問に思えました、実はもっと年が多いのではないかと思っています。

それから数年後・・・
この子はプレゼント(引き取った恩返し?)をくれました。

DSCF0615.jpg

2009年産卵しました、口の中には卵がいっぱい入っています、
残念ながら3日後にはすべてなくなりました

それから次のペアリングに備えて混泳していましたがある日突然事件が起きました、また他の個体にやられ以前と同じようにヒレが殆ど無くなる位になってしまいました、とは言ってもづっとこのメンバーで混泳していたのであまり気にもせず放ってておきました、少したってから餌を全く食べていないのに気づき別の水槽に移しました、しかし時すでに遅し、それから三日後に☆になってしまいました。

自分の不注意です、何かトラブルがあった時には
その時その場での対応が必ず必要になってくる
明日にしようだとか、もう少し様子を見るかという事が遅いということが身に染みました、日々の飼育の中の観察が重要だと思っています。

それからペアリングが出来ていません、自分にとってかけがえのない子を失ってしまいました
こういう思いをしない為に自分なりに日々観察をしています、アロワナの死はほぼ飼い主の責任だと思います。

以前飼っていたブラックアロワナは外出から帰ると水槽の外で横になっていました(飛び出し)、この子はオスでシルバーアロワナとペアになっていました実際この子も卵を加えました、今でこそブラック×シルバーは売られていますがその頃はショップにこんなことがあるのかと話をしたものでした、アロワナは長く飼ってあげれば必ず感動をくれる生き物だと思う。

☆にしてしまったこの2匹よ安らかに眠れ・・・

にほんブログ村 観賞魚ブログ アロワナへ
にほんブログ村
アロワナ | コメント:(4) | トラックバック:(0) | 2012/05/03 23:37
 | ホーム |